FX情報
その他掲示板 外国為替市場
HOME>

FX情報

  • ごあいさつ

    FX情報のホームページをご覧頂き、ありがとうございます。FXでの必勝を願っております!

FXをするなら

  • 稼げるFX

    ギャンブルするならFXの方が絶対にいいと思いませんか?
    為替は上がるか下がるか普通にやっても確率は2分の1だし、経済状況を考慮できれば勝てる可能性は十分にあると思いませんか?
    当然負ける可能性はありますが、かなり魅力的だと僕は思います。そんなあなたを応援しています!

  • 東岳証券FX

    東岳証券とは、
    (1)3つの分野(FX・商品デリバティブ・証券CFD)の銘柄が取引可能
    ・FX
    ・金オプション取引、金・銀・原油などの商品デリバティブ
    ・株価指数のDJ・SP・NKなどの証券CFD
    (2)オリジナル自動売買
    プログラムによる自動売買を開発し提供しています。
    (3)省庁に登録の会社
    金融庁・農林水産省・経済産業省に登録している会社です。
    (4)協会に加入の会社
    日本証券業協会(内閣総理大臣認可法人)などに加入の会社です。
    (5)資格合格者がサポート
    サポートスタッフは、全員が資格合格者です。

    【努力せずにFXでv(⌒o⌒)v】東岳証券 東岳証券FX

  • くりっく365

    東証JASDAQ上場の株式会社フジトミが提供する、株価指数とFXのインターネット証拠金取引です。
    東京金融取引所に上場された「くりっく365」と「くりっく株365」が取引できます。

    「くりっく365」は2005年7月に東京金融取引所でスタートしたFX取引です。
    店頭FX会社が提供するFXの場合、手数料・スプレッド・スワップポイントなど、各会社によってその内容が異なりますが、くりっく365は、安心・透明・信頼をモットーとする金融商品取引所を通して売買をおこなうことで、公正な取引を実現しています。

    「くりっく株365」は2010年11月にスタートした取引所CFD(株価指数証拠金取引)です。2017年5月現在、日経225、NYダウ、FTSE100、DAXの4指数が取引可能です。最大の特徴は、配当相当額と金利相当額の受払いがあることです。

    2016年の配当および金利相当額の受払い実績では、買いポジション1枚あたり31,615円でした。
    日経225先物取引や日経225連動型上場投資信託とは違った魅力がくりっく株365にはあります。
    ☆☆口座開設すると・・・最強ツールが無料で利用できる!

    ■金融情報サイト「e-profitFX プラス株365」が利用可能!
    くりっく365ユーザーの必需アイテム。
    くりっく365の情報に特化した情報ページです。
    金融経済ニュース以外にもチャート分析を得意とした「チャートプラス」や日々の要人の発言が分かる「要人発言」など、取引に必要な情報を網羅したメニュー構成になっています。
    フジトミで口座開設をすると、サイトを無料で利用することが可能なので、ぜひ取引に活用していただきたいツールです。

    ■ポジション・トレーダーPROが利用可能!
    くりっく365のテクニカル分析に必須のアプリ。
    「くりっく365」「くりっく株365」のチャート分析が誰でも簡単にできるだけではなく、東証1部上場の個別株のチャート分析もできるので、日経225への寄与度が高い銘柄がどのような変動をしているかなど、プロ投資家のニーズにも対応しています。
    またNYゴールドやWTI原油などの海外商品相場の分析も可能で、ありとあらゆる投資家のニーズに答えるツールです。

    配当相当額魅力!取引所CFD(くりっく株365)ならフジトミ

  • OANDA Japan

    1通貨から取引可能 個人のレバレッジは25倍なので、ドル/円だと、4円から取引が可能です。
    取引単位も1通貨の為、1通貨刻みの細かい取引が可能です。
    強制ロスカットも1通貨ギリギリまで耐えられるため、値動きが反転するのを待つ事も可能です。

    チャート
    日本の業者には滅多に無い5秒足まで見れるため、デイトレーダーの方には重宝されています。

    一括決済
    一括決済はインターバンクのプラットフォームくらいでしか備わっていない機能です。
    ドルならドル、ユーロならユーロと、通貨毎の一括決済が可能なため、リスクヘッジに最適です。

    ⇒ユーザーへの訴求ポイント
    【すべてのFXユーザー】
    オアンダでFXする3つの理由!
    1. オアンダFX ラボ:世界8カ国の拠点を活かし、オアンダのお客様のみ閲覧可能なデータをお届けします。
    2.オアンダFX インフラ:約定率、約定スピードにこだわり他者にはない、公平公正な取引環境の提供を行います。
    3.オアンダ エデユケーション:初心者の方も満足のセミナーや教育コンテンツが充実しています。

    【FX初心者ユーザー】
    1通貨から取引可能。
    個人のレバレッジは25倍なので、ドル/円だと、4円から取引が可能です。

    【FX上級者ユーザー】
    1ロット1000万通貨まで約定が可能(USDJPY300万通貨まで)

    【MT4ユーザー】
    メタトレーダーのスプレッドは業界最安値水準

    【信頼性の訴求】
    1995年にカナダで祖業され、世界の投資家に愛用されている、海外ではベストブローカー賞などの数々の賞を受賞しています。
    信託保全、日本国内での登録業者 第一種 金融商品取引業 関東財務局長 (金商) 第2137号 世界取引高14位です。
    OANDAレートは世界の著名な会社で利用されています。

    MetaTrader4 スプレッドが業界最狭水準! OANDA Japan

  • JFX|マトリックストレーダー

    『 MATRIX TRADER 』 で、ハイスペックを体感しよう!
    1、抜群の取引コスト、1,000通貨から取引手数料0円!
    2、快適約定能力!約定能力99.9% 約定スピード最速0.001秒 (平均0.004秒)
    3、24時間入金が可能!約380行クイック入金対応!!!
    4、iアプリ、iPhone、Android、iPadアプリ対応!

    MATRIX TRADER マトリックストレーダー

  • 東岳証券 FX,CFD

    FX+CFD 東岳証券
    3つの省庁登録のFX+CFD会社
    <初心者が始めやすい><相場を追究できる>

    FX売買ツールプレゼント!|東岳証券 東岳証券

  • DMM.com証券

    ◆◇取引高世界第2位に選ばれました!!!◇◆
    フォレックス・マグネイト社「2014年第3四半期調査報告書」
    口座開設キャンペーン!【現金10,000円キャッシュバック】

    為替取引を始めるなら≪DMM FX≫ DMM.com証券

FXの書き込み掲示板を紹介します

用語集

  • 外国為替証拠金取引

    多くの外貨建て商品では、通常外貨を買ってから後に売るという取引になるが、外国為替証拠金取引では逆に外貨を売ってから一定期間後に買い戻すことも可能である(いわゆる「売りから入る」取引)。また、日本円(JPYと略する)しか持っていなくても、預託した資金は、あくまで証拠金という取引の担保の為、取引で損失を出しても、日本円 (JPY) から決済通貨に交換の上、損失相当額を支払うだけである為(利益の場合、利益相当額の決済通貨を受け取る)、「米ドル (USD) を売ってユーロ (EUR) を買う」といった取引も可能

  • 外国為替

    (がいこくかわせ)とは、通貨を異にする国際間の貸借関係を、現金を直接輸送することなく、為替手形や送金小切手などの信用手段によって決済する方法をいう。

  • 外国為替市場

    (がいこくかわせしじょう、英語: Foreign exchange market)とは、外国為替取引が行われる場の総称。外為市場(がいためしじょう)と略称することもある。

  • 為替バンド制

    (かわせバンドせい、英: Currency band)とは、為替レートが変動可能な範囲を予め決めたうえで、その範囲内で為替レートの変動を許容する為替相場制度のこと。為替バンド制において、為替レートが変動可能な範囲は為替変動幅と呼ばれる。

  • 為替レート

    為替レート(かわせレート、英: Exchange Rate)とは、通常の外国為替の取引における外貨との交換比率(交換レート)である。為替相場、通貨レート、単にレートとも呼ぶ。基本的に市場で決定される。市場で決定されたレートをMER(Market Exchange Rate) と呼ぶ。

  • 固定相場制

    (こていそうばせい)とは、各国政府間で、為替レートを固定・維持する制度。1944年に国際復興開発銀行(IBRD)と国際通貨基金(IMF)が設立され、自由貿易や資本移動の促進を目的に金1オンス=35ドルと定め、常にドルと金は交換可能とされた(ブレトン・ウッズ体制)ここにドルを国際通貨(基軸)とするIMF体制が確立された。しかし、1973年に先進各国は変動相場制へと移行した(ニクソンショック)

  • 変動相場制

    (へんどうそうばせい、floating exchange rate system)とは、為替レートを外国為替市場における外貨の需要と供給の関係に任せて自由に決める制度である。フロートあるいはフロート制とも呼ぶ。オンライン化された国際証券集中保管機関により運用される。

  • ブレトン・ウッズ協定

    ブレトン・ウッズ協定(ブレトン・ウッズきょうてい、Bretton Woods Agreements)は、第二次世界大戦後半の1944年7月、アメリカ合衆国のニューハンプシャー州ブレトン・ウッズで開かれた連合国通貨金融会議(45ヵ国参加)で締結され、1945年に発効した国際金融機構についての協定。

  • スミソニアン協定

    (スミソニアンきょうてい、Smithsonian Agreement)は、1944年のブレトン・ウッズ会議で確立された固定相場制を終わらせた1971年12月18日の協定、スミソニアン協定が有効である状態をスミソニアン体制と呼び、1973年まで継続したらしい。

  • プラザ合意

    (プラザごうい、英: Plaza Accord)とは、1985年9月22日、先進5か国 (G5) 蔵相・中央銀行総裁会議により発表された、為替レート安定化に関する合意の通称。その名は会議の会場となったアメリカ合衆国ニューヨーク市のプラザホテルにちなむ。会議に出席したのは、西ドイツ財務相のゲルハルト・シュトルテンベルク、フランス経済財政相のピエール・ベレゴヴォワ、アメリカ財務長官のジェイムズ・ベイカー、イギリス蔵相のナイジェル・ローソン、そして日本の竹下登蔵相である。以後の世界経済に少なからず影響を及ぼした歴史的な合意だったが、その内容は事前に各国の実務者間協議において決められており、この会議自体はわずか20分程で合意に至る形式的なものだったらしい。

  • ルーブル合意

    (ルーブルごうい、英: Louvre Accord)とは、1987年2月22日にパリのルーブル宮殿で開催された先進7カ国財務大臣・中央銀行総裁会議(G7)で、1985年9月に決められたプラザ合意によって始まったドル安とマルク安に歯止めをかけるための合意である。ただ、各国の協調が十分ではなかったため、ドルの下落を止めることはできなかったらしい。

  • FX情報その他

    • FXの情報掲示板などのホームページです

    • 外為法

      ページトップへ

      FX情報次へ

    FX情報

    FX情報 をGoogle Bookmarks に追加